現実的な楽観主義者

皆さんこんにちは。

三方良しのメンエス経営を目指し、只今絶賛開業準備中、『Totonou』のオーナーです。

現在はセラピスト募集に精を出していますので興味のある方は求人案内をご確認ください。

そしてTwitterでも発信していますのでフォローして頂けると嬉しいです。

さて、今回は「現実的な楽観主義者」というテーマでお話しします。 

ポジティブ思考って聞こえは良いけど、現実から目を背けることではないよというお話です。

—-行動の伴わないポジティブ思考はただの逃げ——-

前向きなことは良いことですが現実を見ているか、目を背けているかで意味合いは大きく変わってきます。

現実を見ているとはどういうことなのか。それは「目標達成は簡単ではないことを意識しているか」です。

非現実的な楽観主義者はこう考えます。

「ポジティブでいれば自然と成功はやってくる」「人生(努力しなくても)なんとかなるよ」

はっきり言ってそんなことはありません。

「なんとかなるよ」の裏に最大限の努力があり「やれることは全てやったからあとはもう願うだけ。なるようになるさ」は裏の努力(不都合)には目をつむっているのです。

そういう人に限って、深く考えずに危ない賭けをしてしまいます。

まず目標達成は簡単ではないことを受け入れましょう。

そして何をするべきか行動を考える。ポジティブ思考は最大限努力があってこそです。

障害を考えることは決してネガティブなことではなく、むしろ目標達成のための大切なステップなのです。

僕の開業する上の考え方の記事のリンクを共有するので是非読んでみてください。

今回は楽観主義も良いけど現実から目を背けちゃダメだよというお話でした。

参考にしてもらえると幸いです。僕もやるべきことをコツコツ頑張ります。

ではまた!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP