応援され続けるセラピスト

皆さんこんにちは。

三方良しのメンエス経営を目指し、只今絶賛開業準備中です。
Twitterでも発信してますのでフォロー宜しくお願いします。

さて、今回は応援され続けるセラピストというテーマでお話したいと思います。


—–僕が考える三方良し——-
Twitterのタイムラインに流れてくるセラピストさんの発信とコメントなどのやり取りを見て、勝手にほっこりしています。

発信内容は出勤状況だけでなく、近況の報告や「夜中にマックやばい太る」など自由です。

コメント欄も「可愛い!」や「頑張ってください!」など温かいやりとりで溢れています。

アンチコメントはあまり見ませんね。

洋服やバックなどはブランドにお金を払ったりしますが、メンズエステはお店ではなく、セラピストにお金を落とすという意味合いが強いと思います。

先日Twitterで「リピーターのお客様が420分で予約してくれた」という発信を見つけました。

そんな根強いファンを獲得しているセラピストは、他の店に移ったらお客様もごっそりその店に流れるでしょう。

お客様からしたら確実に良いサービスを受けたいわけですから、わざわざハズレがあるお店に行きません。

一万円以上のお金を払うわけですから当然と言えば当然です。

オーナーからしても広告費にお金をかける必要がないので経営が安定します。

具体的に数字で表すと、月に2回以上来てくれるファンが3人いるセラピストが2人いれば支出(経費)にもよりますが間違いなく黒字です。

お客様に高品質なサービスを提供してファンになってもらえればお客様の満足度良し、経営が安定してオーナー良し、安定した報酬がもらえてセラピスト良しのまさに三方良しです。

セラピストは収入面だけでなく、紳士なお客様に施術ができて楽しく仕事ができるでしょう。

推しメンのセラピストに変なことするお客様はいないはずです。

そんな平和な世界最高じゃないですか?!僕はそんなお店を目指しています。

興味ある方DMお待ちしています。(セラピストさん募集中です!)

—–応援される続けるために努力することは大前提——-

ファンを獲得しているセラピストの共通点は応援される余白があること。

つまり地下アイドルのように歌唱力やダンスは完璧ではないけど夢を追いかけるひた向きな姿に応援したくなる。そして愛嬌があり元気が貰える。そんな男性心をくすぐらせる一面を持ち合わせています。

#AKB48が良い例ですね

しかし、注意点が一つ。応援される余白があること=施術スキルが必要ない、ではないということ。

仕事に全力で向き合うことはプロとしての義務です。

お客様は貴重な時間とお金をお支払いしているわけですから、高品質のサービスを提供することは当たり前で、それを無下にして時間を奪うということは殺人と同じ。

お客様は一瞬で見抜きますし、二度とそのお店にはいかないでしょう。

そんなの誰も得しません。三方良しの真逆です。

はじめの頃は上手くいかないこともあるでしょう。でも一生懸命向き合っていればお客様にも伝わりますし、応援したい気持ちにもなります。

もちろんそれはセラピストだけでなくオーナーの指導不足が一番の要因です。

オーナーが向き合っていないのにセラピストも真剣に向き合うわけありません。

#最終的な責任はすべてオーナー

僕は今後、セラピストを募集するにあたり、沢山の人と面談すると思いますが、このことはしっかりと伝えていきたいと思います。

まとめると、応援され続けるためには、愛嬌と努力は必然ですよというお話でした。

Twitterやっているのでフォーローしてもらえると嬉しいです。

それでは素敵な一日をお過ごしください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP